ホームALLLIFESHIFT家電でPEAK PERFORMANCEを発揮する方法

家電でPEAK PERFORMANCEを発揮する方法

By | 2017-09-10T21:58:56+00:00 2017-09-10|

最新家電が、ストレスを軽くしてくれる

  • 家電への投資で、使える時間を圧倒的に増やせる
  • 面倒なことは、わざわざ自分でしなくていい
  • 当たり前の家事習慣は、じつは大きなストレスになっている

今日のテーマは、家電とPEAK PERFORMANCEについてです。
家電とピークパフォーマンスは、じつは密接に関係しています。

家電に投資することで、家事に時間を割かなくてすむようになるため、使える時間を圧倒的に増やすことができるからです。

一例をあげましょう。
引っ越しのタイミングで家電を買い換えたとします。
さらに、新しい家は設備が充実していて、いままでに使用していなかった家電が、あらかじめ備えつけられています。
たとえば、ドラム式の乾燥まで終えられる洗濯機。そして、食器洗浄機と浴室乾燥機。この3つのアイテムが新しく生活に加わることで、生活が劇的にラクになります。

たとえば、食器を洗うのは、非常に面倒ですね。
食べることや作ることは好きでも、食器がたまっていったり、食器を洗うのは面倒…という人も多いのではないでしょうか。

食器洗浄機なら、食器を入れてボタンを押すだけで乾燥までされて、ピカピカになります。性能もいいので、汚れもしっかり落ちます。

また、家で洗濯をすると、洗濯物を干したり、ランドリーに持って行って乾燥だけかけたりしていると、意外に時間と手間がかかります。
たとえ週に2回の洗濯でも、思っている以上に大きなストレスになるのですが、習慣化していると、じつは自分がその習慣をストレスに感じているということにさえ気づかないのです。

一方、家電を新しいものに変えると、ボタンを押すだけで、寝ている間に洗濯機が動いてくれて、朝になったらふかふかのまま、洗濯も乾燥までも終わっています。食器も浴室の乾燥も同じです。
モップがけしてくれる家電は、ボタンを押すだけで床をピカピカにワイプしてくれます。

 

ハイパフォーマーたちは、家事で時間をムダにしない

  • 「捨てるのがもったいない…」は貧乏思考のはじまり
  • 高くて高機能の家電を購入すること=投資
  • 最新の家電を購入することは、「機会費用」の考え方に通じる

家電は、金額だけを見ると、一見高く見えます。
でも、家電のおかげで、家事にとられていた時間をセーブでき、限りある24時間しかない資源を、本当に使うべきところに使うことができるのです。
嫌なことをやらなくていいというストレスからも解消されます。

これは、以前話した機会費用とまったく同じ考え方です。
ほとんどの人は、すでに洗濯機をもっていますし、掃除機ももっています。「それを捨てるのはもったいない」と思ってしまうことでしょう。

家電を消費的にとらえると、もちろん安いほうがいいと思ってしまうかもしれません。しかし、高くて機能的な家電を購入することを投資的にとらえ、家電に払った費用に対して、どれくらいの価値が生まれるかを考えることができたら…安いと思いませんか?

時間が節約されたり、快適な生活ができたり、夫婦のケンカが減るとしたら、十分な価値があるのではないでしょうか。

家電で夫婦ゲンカがなくなる!

  • 忙しい人、共働き家庭、子育て中の人たちは家電に投資しよう
  • 食器を誰が洗うかは重要なことではない
  • ラクをすることで、家族みんながしあわせになる

「なんで私ばっかりやっているんだろう」という気持ちで家事をしているような忙しい人や、フルタイムで働いていたり、共働きであったり、子育てしている人たちは、家電に投資をすることをおすすめします。

夫婦やパートナーがいる場合、それをすることで、しなくていい変なケンカをせずにすみます。食器を誰が洗うかというのは重要ではありません。一番大切なのは、ケンカをせず、家にいる誰もが気持ちのいい環境で、ゆっくり過ごせることです。
10万円の家電を買い替えることでお互いのストレスが減って、夫婦の関係性が安定するのであれば、10万円以上の価値があるといえるでしょう。

豊かになるには、貧乏思考を捨て去ろう

  • 「1円でも安く」は貧乏思考まっしぐらの人生になる
  • 日々の小さな節約は、長い目で見ると大きな損失になる
  • どんな年収でも、ちょっとした投資でパフォーマンスを高められる

いつまでも、安いスーパーを探しに行く主婦の視点で、「1円でも安く」「せっかく買ったんだから10年くらい使えるから使わないと」と考えていると、貧乏思考まっしぐらの人生になります。
自分がそこにセーブできる時間というものの価値よりも、家電を長く最後まで使い切ることに価値があると思っているとしたら、大問題です。

自分の人生の時間が、たかが古い家電を捨てられないことで失われているとしたら、これは大きな損失になります。
年収が高いか低いかではなく、どの年収においても工夫の余地があります。パフォーマンスを高めるためのいろいろな手段は、ちょっとした投資で手に入れることができるのです。

ハイパフォーマーたちは、最新家電やお掃除サービスに投資する

  • 楽しめない家事は、家電や外注サービスに頼ってしまおう
  • 2時間5000円で、圧倒的な快適さが手に入る
  • 利用した人たちのパフォーマンスは、劇的に上がる

たとえば、人によっては「洗濯物を干すのが気持ちがいい」という人もいます。「食器を洗うとキレイになって、食器を洗うのが楽しい」という人もいます。そういう人たちなら、それらの家事を楽しみにすればいいのです。

新しい家電を使うことで、パフォーマンスが劇的に高まったと感じている人もいるはずです。
ただ、これは使った人でなければ気づけないこと。だからこそ、ぜひ皆さんに伝えたいのです。

ほかにも、掃除の外注サービスやお掃除の人が来てくれるサービスもあります。そんなサービスに触れる機会がない人からすれば、お金に余裕がある人でないとお願いできないと思うでしょう。
ただ、実際に価格を見てみると、2時間で5000円程度、1時間で2500円くらいです。2時間やってもらって、戻ってきたら部屋がキレイになっているのです。こんなに安い投資でキレイにしてもらえるのだとすれば、むしろ普通の生活をしている私たちこそが便利なものをどんどん取り入れていくべきなのです。

サービスを利用することで、同時に雇用も生んでいます。
お掃除サービスに登録して、掃除の仕事をすることで、隙間時間でお金を稼げている人たちもいます。
アイロンも、自分でかけなくてもクリーニングに出せばいいわけですし、料理する手間を省きたいなら、料理を頼めるサービスもあります。

忙しい人におすすめの家電&代行サービス ベスト3

  • おすすめは食洗機、乾燥機付き洗濯機、掃除の外注サービス
  • 家事代行には安いものもある
  • 家電を買い換えることで、ピークパフォーマンスは上がる!

家電や代行サービスのベスト3はなんでしょうか。

第3位は食器洗浄機。
第2位は乾燥までできるドラム式の洗濯機。
第1位は週に2回の掃除の外注サービス。

これはもうみなさんに使ってほしいサービスです。一度だまされたと思って、使ってみてください。
家事代行は、安いものもたくさんあります。とくに同じ人に週2回来てもらうのはおすすめです。たった2時間お願いするだけで、本当に気持ちよく部屋をリセットできます。

週2回も家事代行をお願いすると、「月2、3万円くらいかかるの!?」と思ってしまうかもしれません。
でも、現実的には、2時間5000〜6000円くらいで、自分のパフォーマンスが上がるわけです。夜の飲み会を1回分我慢するだけで、仕事や生活が劇的に快適になると思えば、最高の投資といえるのではないでしょうか。

今日は、家電を買い換えることで、自分自身のピークパフォーマンスを高めるというテーマでおはなししました。
ぜひ実践してみてください。

アクションプラン

  • 嫌いな家事を洗い出そう
  • 「これならほしい!」と思う家電を調べてみよう
  • 好きな家電をひとつ買い足そう